- 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録)

切り絵、パステル画、詩、書、発達障害(自閉症スペクトラム・ADHDなど)、愛着障害(アダルトチルドレン)、解離に関するもの、その他。 暫くは詩が中心です。

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

分かる気持ち、分からない気持ち

人の気持ちはいろんな手法で汲み取ろうとします。
結構必死で、相手の気持ちを想像したり汲み取ろうとしたりします。
会話していても、人の感情というのは、幾つもの感情が絡み合いながら、時に迷ったりしながら話を続けているんだと思います。
その一つ一つに反応してしまうのか、相手の気持ちというのがつかみ切れずに、大概、話している間はずっと動揺し続けています。
何故、全てをそのまま受け取ってしまうのかと思いますが、心のフィルターも不完全(或いはほとんど無いのか)なのかも知れません。

はっきり言えずに遠慮されると、その言いたい感情と遠慮している感情の両方を受け取ってしまうのか、どっちが伝えたい事なのか分からなくなります。
そういう時は、相当動揺してしまうので、的外れの答え方をしてしまい、相手を困らせてしまったりするんでしょうね、きっと。
本当は、断りたかったのか遠慮していたのか、後で考えてもなかなか判断できずに悩み続けることになります。
如何すればよかったんだろう、無理強いしてしまったんじゃないだろうか、本当は遠慮してたんじゃなくって断りたかったんじゃないだろうか、なんてずっと悩み続けます。

日本人の奥ゆかしさ(遠慮したり、物事をはっきりとは言わなかったり)が、ASDなどには分かりづらいと言われるのは、少なくとも僕の場合には、其の中に含まれる両方の感情が伝わってきてしまうので混乱するんじゃないかと思います。
電話の場合は、相手が見えないことでの不安と、言葉以外の付加的な情報が無くて判断材料が不足するので、余計に相手の気持ちが分からなくて混乱するんだと思います。
電話の向こうから伝わってくる声に含まれる複数の感情の、どっちが(又は、どれが)主役かが全く分からなくなるんでしょう。

内側から見た自閉症の世界では、そんな事が起こっているんです。
感情というものが分からないんじゃなくって、感情をまともに全部を受け取ってしまうので混乱してしまい、迷って判断できないんですけど、外側から見たら、単に相手の気持ちがわからない人たちになってしまうんでしょうね。
AC もあるので、どれがどう関係しているのか複雑で、ASD の一般的な事例とは言えないかもしれませんが(僕は、ちょっと違う、独特な部分が多いから尚更ですが)、無視できない要素じゃないかという気はしています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 発達障害 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

僕の自慢の先生

僕のメンタルを診て貰っている先生は、たぶん、他にはどこにも居ないんじゃないかと思うような、とても個性的で、人間的魅力に溢れていて、全然精神科医らしくなくて、いつも必ず患者と寄り添ったところから、そっと支えているような、僕の自慢の先生です。
ちょっと不思議ちゃんで、患者へのアプローチの仕方がとても独特で、他の精神科の先生とは、おそらく全く違うところから手を差し出しているような感じです。
多くのメンタルクリニックでは、心の病気を細かく分類し、その分類した病名に添った治療・投薬をしていると思います。
でも、診断が違って治療が逆効果になることがよくあるようです。

僕も、最初の頃は病気、或いは障害の診断名をかなり気にしていました。
それが、ACに気づいたことが一つの切っ掛けになったんでしょうか…。
どこまでが本来の自分で、どこからが見せかけの振りをしている自分か分からなくなり、混乱する中で、障害の名称など如何でもよくなりました。
名称が如何であれ、症状に変わりは無いわけです。
病名、障害名を治療して欲しいわけじゃなく、症状を何とかしたい、何とかして欲しいわけです。

病気や障害の名称だけを見てしまうと、双極性障害だからこういう時はこうなるんだとか、ASDは人と共感できないだとか、どこかに当てはめようとしてしまいますよね。
でも、症状は千差万別、症状にも皆個性があって少しずつ違います。
無理に当てはめようとしても、当てはまらなければ治療方針が立たないということになるんでしょうか。

僕が、とても信頼している自慢の先生は、必ず症状を見ています。
それぞれの症状にあった治療をしているようです。
心というのは、壊れたり傷ついたりしますよね。
怪我をしても、自然と治そうとする力があるように、心にも自然治癒力はありますよね。
心は、治すのではなくて作ればいいと書いてあったのを見かけました。
心は、中から癒して、育てていけばいいんだと思うんです。

障害といわれるものについても、結局は自分の中で新しい自分を、生き辛さに負けない自分を育てていくしかないんじゃないかと思います。
人との関係が苦手で大変なら、人と関わらない生き方をすればいいと簡単に言う人もいます。
もちろん、それを選ぶのも自由ですが、僕はその道は選びません。

少し、話が逸れましたね。
僕の自慢の先生は、心が自ら癒そうとする力を引き出してくれます。
薬に頼らずに、患者本人が持つ力をしっかりと捉え、引き出すんです。
一見、何もしていないように見えて、実はすごいことをしているんです。
受診して、会うたびに、そう実感します。
たぶん、特別な才能だと思うから、他の精神科の先生と比較は出来ないと思います。
僕は、「心を揺らす」 と勝手に言っていますが、ほんとにちょっと不思議ちゃんですね。

診断しないと、手帳の申請ができなかったり、診断によって安心する場合もあります。
僕もそうでしたが、自分が何の障害なのかを知りたいのは当然ですが、ある程度のことが分かれば、後は症状にどう対処していくかを考える段階になるんだと思います。
患者にも、踏むべき段階があるのかも知れません。
発達系の障害の場合は、自分が何なのか分からずに不安になっているので、知ることはとても大事な第一歩だと思います。
それが最初の段階。
知った後でも消えない不安は、それ以上知ることだけでは解決しないんじゃないかと思います。
ここからが、次の段階。
どう生きていくか、どうやって生き辛さを解消していくか、或いは、どうやって再発しない心を作っていくか、そういったことが中心になっていくと思います。

僕は、心理学自体に興味があるので、探求はずっと続けますが、障害の分類やその詳細にはあまり興味がなくなりました。
今、知りたいのは、一つの症状がどこから来てどうすればいいのか、例えば、衝動性が何を原因としているかが分かれば、衝動に惑わされることが、少しでも少なくなるかも知れません。
一口に衝動性といっても、いろんな要素が絡んでいるんじゃないかと思うんです。

前回書いたように、共感も受け取る感情の情報量が膨大になって、感情がフリーズしてしまうんじゃないかというのが自論です。
今のところですが…。(その内、間違いに気づいて考えが変わるかも知れません。)
障害自体も、全く別の障害がそれぞれ単独で存在し、その幾つかを併せ持っている場合がある、というのが定説?のようですが、元は一つの障害群のそれぞれの側面のような気がします。(上手くは説明できませんが…)
こういう考え方自体が、実際にあるようです。
こういった話も、その(自慢の)先生に話してしまったりするんですが、否定せずに聞いて貰うだけで、ちょっと嬉しかったりします。
こんな荒唐無稽の話は、聞いても貰えなかったり、鼻であしらわれたりしても、しょうがないですよね。
こういった話も、まともに聞いてくれるのは、やっぱり優しさかな?

あたまごなしに否定されたり、定説を述べられたら、基礎知識も無しに勝手に想像を廻らせているんだから、とても太刀打ちできないし、話をする気も失せてしまいますが、僕の自慢の先生は、いつも一緒になって考えてるように見えます。
そういうところも、無条件に信頼する要因でしょう。

それと、基本的な感情表現が上手くできないのは、これは結構厄介なんです。
ありがとう、ごめんなさい、おねがいします、そんな言葉をいつ言ったらいいのかが難しいですね。
僕の自慢の先生を見ていて、そういったことをどうすればいいかを教わったりもします。
教えているつもりは無いと思いますけど…。

だから、指標でもあり、いつも教わることばかりです。
聞きたいことが山ほどあって、ACだって分かってからは尚更、聞きたいことだらけで、困らせてるかも知れませんが…。
何があっても、すぐ横に心を寄り添わせて…、こんな精神科医っていないんじゃないかな。
この先生に巡り会えなかったら、今は、今という時自体が存在しないと思うし、この自慢の先生の下で、一つ一つを少しずつでも乗り越えていってるように思います。
一つ乗り越えても、また次の壁が立ちはだかり、その度に、この先生はちゃんと見ててくれるんですよね。
「ああ、分かっててくれる」 それが、大きな支えになっています。
すっかり頼っちゃってるけど、いいのかな…。

今日は、僕の自慢の先生の話でした。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
別窓 | 発達障害 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

自分の中には見えない感情

無意識の内に人の心と繋がってしまうのは、時にとても不自由です。
共感覚で繋がって受け取った感情がどんなものであれ、それは無意識の内に起こる感覚なので、自分でも全く気づかずにいます。
数時間、或いは数日経ってから、自分の中の見慣れない感覚(感情)が、自分のものでないことに気づきます。
自分の心の中をいくら探ってみても、それが何なのかを見ることが出来ないことに気づくと、始めて、それが自分以外の誰か(共感覚で繋がった)の持ち物だったことが分かります。
悲しみであったり、不安であったり、いずれにしても、何度繰り返しても、その感情が自分のもので無いと気づくまでの期間、長ければ数週間に亘る時もありますが、あたかも自分自身の感情のようにそのまま受け取ってしまいます。

その受け取った感情が強ければ、例えば、とても深い悲しみや、とても強い不安や、その深さや強さの分だけ心に重荷を背負うことになります。
しかも、何故なのかが分からずに悩み続けることになります。
自分の中をいくら探しても、自分のものではないので、何故かなんて分かる筈がありません。
自分の外から来たものであることが分かった途端に、心の重荷はその質量を失い、それまでの重圧から開放されます。
こんなことが、何度も繰り返されます。
知らないうちに受け取ってしまったお土産なので、気が付くまではお土産であることすら分からないんです。

分かっていれば、その都度そんなに苦しい思いをしなくて済むんですが…。
全く、不便な感覚です。
受け取る感情が、より深いところにある強いものであることが多いだけに、あまりに強烈で暫くは流されるままになってしまいます。
ここずっと続いていた理由の分からない気鬱感が、今回もまた共感覚によるものだったようです。

猫や木と繋がっていた方が、ずっと楽なんですが…。
それでも、この不可思議な共感覚が、何かの、誰かの役に立てるのなら幸いですが…。
少なくとも、悲しさや不安や辛さをストレートに受け取ることで、当にストレートに分かって上げることは出来ます。
共感とは意識して相手の気持ちを察して思いやることだと思いますが、意識する部分と安全な場所から察してという部分が違います。
意識していないところで働いてしまうことと、危険な状態まで同化して共有してしまうことです。
だから、せめて共感覚で繋がった相手から、共有して繋がることで受け取った心の重荷を、少しは減らしてあげられるといいんですが…。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
別窓 | 発達障害 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

感受性と共感できないことの関連性

どうも、発達障害があると共感が殆ど出来ないと思われているようですが、はたして如何なんでしょうか。
以前にも、少しこの話題に触れたと思いますが、9.11 のあの惨事や、3.11 のあの震災の時に、何も感じる事が出来なかったことを覚えています。
少し前に、葬式躁病という状態になって、その時は、事実(母の死)を受け止め切れずに、全く逆の反応を引き起こした訳ですが、一度に膨大な情報が押し寄せた時などは、感覚が麻痺したようになりパニックになる事もあります。

喜怒哀楽の強い感情や、膨大な情報に、正常な感覚を保てなくなるんじゃないかと思います。
悲惨な出来事をニュースで見た時に、何も感じなくなるのは、感情が無いのではなく、押し寄せる感情の渦に感覚が麻痺してしまうんじゃないでしょうか。
普段でも、身の回りの情報を取捨選択する事が出来ず、全ての情報を受け取ってしまうので、聞き取れなかったり、パニックになったりする事は日常的にあります。
情報量そのものが多くなると、受け入れきれる限界をすぐに超えてしまうのに、そこに強い感情が加わった時には、対処出来なくなって感覚を閉ざしてしまうのかも知れません。

日常的な共感という事についても、話したり聞いたりといった事に注意を削がれて、感情を汲み取れないという事も一因ではあります。
感情そのものが、内面で自覚する感情と、外側の感情が微妙に食い違って、ストレートに伝わらないという事も一因ではあります。
それでも、自分自身のものにしろ、相手のものにしろ、感情を受け取ってはいて、後になって時間と共に鮮明に浮かび上がってきます。
ただ、そんなに時間が経ってからでは役に立たない事が多いですが…。
感情を上手く受け取れずに、共感が上手く出来ない事の要因に、感情の情報量が増加すると、感覚が麻痺するのと同じような現象が起きて、感じてはいてもそれを見る事が出来ない、何なのかを識別できない状態があるんじゃないかと思います。
感受性が強すぎて、より多くの情報を受け取ってしまい、処理するテーブルからすぐに溢れて、処理し切れなくなってしまう。
そんな事が起きているのかも知れません。
言い方を変えると、共感し過ぎて共感出来ないのかも知れません。

そう考えていくと、他の事も納得がいきます。
敏感さと鈍感さの共存。
一部を麻痺させたり、鈍感にする事で、故障しないように均衡を保っているのかも、などと思ったりします。
以前は、今ほど共感できないことは無かったように思います。
感覚・感受性が以前より強くなっているようで、たぶん、他の表面化していなかった要素と同じで、隠れていた特性が強くなっているようです。
そのことで、つまり、感受性が強くなり過ぎた事で、共感する事にも影響して、情報過多で麻痺して共感が妨げられたり、感受性の強さで過敏に受け取った刺激に、感情が振り回されてしまったりするようです。

自閉症スペクトラムの特徴的な感覚の過敏さが、常に過剰な感情に晒され続けて、麻痺させる事で自分を保っているようにも思えます。
聞き取る事の困難さが、聞えないという事ではなく聞こえ過ぎる、フィルタリング出来ない事で受け取る情報量が多過ぎる為に、聞こえた情報を処理出来ないのと同じじゃないかと思う訳です。
むしろ、感受性が強すぎる事が、共感を難しくする主因かも知れませんね。
感情を感じ過ぎて、多量の感情の量に、それを識別したり認識したりする事が難しくなる。
そういう事じゃないでしょうか。

今日は、ちょっと気が付いた事を…。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
別窓 | 発達障害 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

検査結果を聞きました。

先日、検査の結果を聞いてきて少し安心しました。

発達系の障害の他に、愛着障害もあるようですが、いずれにしても、以前にも書いたように、一つの特異な特徴を持った発達傾向の、其々の側面を見ているように思います。
どの側面が顕著に見えるかによって、いろんな障害名が付けられたりするんじゃないかと思います。

成人知能検査では、IQ125で、言語性と動作性のIQに余り開きは無く、独特な感覚や特別な手法が、廻りとの不適応を呼んでいるようです。
以前はずっと、IQが結構低いと思っていたので、正式な検査でも割と高いIQが出たのに少々驚きました。(ネット上のIQテストは幾つもやってみて、ある程度数値が出ましたが当てにならないのではと思っていたので…)
廻りで思われるほど、バカでもなかったようです。
少しは自信に繋がるといいですが…。

詩を書いたり文章を書いたりする所と、切り絵やパステル画のようなアートに対するものが、ちょうど言語性と動作性の中に含まれていて、不思議とバランスが取れているようです。
社会との不適応感が強いのは、個性的過ぎる感覚や捉え方が、一般的な範疇を逸脱している軋轢のようなもののようです。
個性的過ぎて、と考えればいいのかも知れません。

たぶん、愛着障害・AC の影響は大きいかも知れません。
自己肯定の低さや、自己認識のずれ、自虐的なところなどは、決して良い方向には働きません。

今、認知行動療法を自分でもセルフヘルプとして学びながら、指導を受けて進めてみようと思っています。
一人だけで進めていると、すぐに自分の世界に浸ってしまい、中々進まないのと、認知行動療法は結構エネルギーが要ります。
問題となる考え方(自動思考といいます)を想起する段階で、ちょっと辛くなってしまう事も有ります。
次の段階へ進められずに、自動思考に嵌ってしまうことで、自動思考であることを忘れてしまうようです。
常に見て貰っている専門家がいると思うだけで、目標が明確になり、次へ進むことが出来そうです。

人との関係で疲れたり、いつも、上手くいかずに心が悲鳴を上げる事も多いのですが、人から認められたり励まされたりという事がないと、張り合いを感じず、心の高揚を得ることも出来ない。
そんな、人と関わらない生き方は寂し過ぎるし、それが平気なほど、孤独を愛してはいません。
常に人との間で揺れ動きながらも、人との関係を拒絶して孤立したくはないんです。
人が好きでありながら、人が嫌いで、一人の時間が大切であると同時に、人の温もりを求め続けているようです。

SF映画が好きであると同時に、伝記映画(非凡な)が好きです。
若い頃、歴史小説を大分読みましたが、歴史の中に登場する人物に興味がありました。
現実の中に居場所を見つけられずに居ても、現実の中での居場所を求め続けていて、空想の世界に安住したがる自分との葛藤があります。
自分を守ろうとする自分、自分虐めに興じる自虐的な自分、常に相反する二つ心の間で葛藤しています。

現実と、空想と、安定と、激動と、揺れ動くことで心痛を覚えながら、揺れ動く心の機微を求め続ける。
そんな矛盾の均衡の中に生きています。
時折、心の均衡が崩れそうになりながらですが…。
喜びが必要なのと同じように、悲しみも必要なんです。
喜びしかない、悲しみを感じる弱さを失ってしまった人生には、何の魅力も無いように思います。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
別窓 | 発達障害 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。