- 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録)

切り絵、パステル画、詩、書、発達障害(自閉症スペクトラム・ADHDなど)、愛着障害(アダルトチルドレン)、解離に関するもの、その他。 暫くは詩が中心です。

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

詩集を作ろうかと思います

がだいぶ増えてきたので、手作りの集を手がけてみようかと思っています。
本格的に集を作るのは結構大変そうなので、手作りの集から始めてみようと思います。
今日もを一篇。


<朝の日課>
今日も、
起き掛けに貴方のことを想い起こし、
暫し咽び泣きました。
これが朝の日課になりつつあります。
暫く、こんな朝が続くんでしょうね。

あれから幾日が過ぎたんでしょう。
あの日から昂ぶり続けた心も、
魔法が解けて現実に引き戻されました。
哀しい記憶も、鮮やかに甦ってきます。

もう、貴方に僕の声は届きません。
それなら、貴方へを編みましょう。
心の詩集を届けましょう。
きっと貴方の元へ届くでしょう。

明日もまた、朝の日課が訪れます。
そして、一日が始まります。

関連記事
別窓 | | コメント:0 | ∧top | under∨
<<最近はいろいろ有り過ぎて | - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) | 寄り添う心>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。