- 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録)

切り絵、パステル画、詩、書、発達障害(自閉症スペクトラム・ADHDなど)、愛着障害(アダルトチルドレン)、解離に関するもの、その他。 暫くは詩が中心です。

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

分かる気持ち、分からない気持ち

人の気持ちはいろんな手法で汲み取ろうとします。
結構必死で、相手の気持ちを想像したり汲み取ろうとしたりします。
会話していても、人の感情というのは、幾つもの感情が絡み合いながら、時に迷ったりしながら話を続けているんだと思います。
その一つ一つに反応してしまうのか、相手の気持ちというのがつかみ切れずに、大概、話している間はずっと動揺し続けています。
何故、全てをそのまま受け取ってしまうのかと思いますが、心のフィルターも不完全(或いはほとんど無いのか)なのかも知れません。

はっきり言えずに遠慮されると、その言いたい感情と遠慮している感情の両方を受け取ってしまうのか、どっちが伝えたい事なのか分からなくなります。
そういう時は、相当動揺してしまうので、的外れの答え方をしてしまい、相手を困らせてしまったりするんでしょうね、きっと。
本当は、断りたかったのか遠慮していたのか、後で考えてもなかなか判断できずに悩み続けることになります。
如何すればよかったんだろう、無理強いしてしまったんじゃないだろうか、本当は遠慮してたんじゃなくって断りたかったんじゃないだろうか、なんてずっと悩み続けます。

日本人の奥ゆかしさ(遠慮したり、物事をはっきりとは言わなかったり)が、ASDなどには分かりづらいと言われるのは、少なくとも僕の場合には、其の中に含まれる両方の感情が伝わってきてしまうので混乱するんじゃないかと思います。
電話の場合は、相手が見えないことでの不安と、言葉以外の付加的な情報が無くて判断材料が不足するので、余計に相手の気持ちが分からなくて混乱するんだと思います。
電話の向こうから伝わってくる声に含まれる複数の感情の、どっちが(又は、どれが)主役かが全く分からなくなるんでしょう。

内側から見た自閉症の世界では、そんな事が起こっているんです。
感情というものが分からないんじゃなくって、感情をまともに全部を受け取ってしまうので混乱してしまい、迷って判断できないんですけど、外側から見たら、単に相手の気持ちがわからない人たちになってしまうんでしょうね。
AC もあるので、どれがどう関係しているのか複雑で、ASD の一般的な事例とは言えないかもしれませんが(僕は、ちょっと違う、独特な部分が多いから尚更ですが)、無視できない要素じゃないかという気はしています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
関連記事
別窓 | 発達障害 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<自分で在りたい | - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) | 切り絵の作品展に出展しました>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。