- 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録)

切り絵、パステル画、詩、書、発達障害(自閉症スペクトラム・ADHDなど)、愛着障害(アダルトチルドレン)、解離に関するもの、その他。 暫くは詩が中心です。

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

心の境界線

さっき載せた詩は、随分前に書いた詩です。
ここ最近、詩を書く気力もなくなっていて、やっと以前に書いたのを載せました。

今日は、少し落着いているので、久しぶりに書いてみようと思います。
ACについての記事で、人との距離感が上手く掴めない事について書かれていました。
発達障害にも通じる内容で、僕は両方だから、そのものですが。
自分と他人との間の境界線が、曖昧になってしまう。
常に境界線を越えて、自分の意思に反して介入され続けたために、境界線が分からなくなり、人との適切な距離感を保てなくなってしまったという事のようですね。

今回は、全く参考になりませんでした。
僕には元々境界線自体が無いんです。
心の距離間という概念も、心と心の間に空間が存在してないので、心の距離を認識できないんです。
常に、あらゆる心が、勝手に進入してくるので、境界線は元から存在していません。
無いものは作れない。

根本的に、普通のACと違うようです。
ACになって、境界線が崩れたんじゃなくて、境界線も無く、心と心の空間すらないので、その不安と恐怖がACと同じような症状を育んできたんだと思います。
だから、一般論は全く通用しないんです。

心の距離自体無意味で、理解不能です。
今までは、かなり悩みました。
如何しても人との関係を良好に維持できずに、苦しくなって自分から離れていってしまう事が殆どでした。
そこには、僕の特殊な感覚が介在していたんですが…、心が有る程度見えてしまう…、見えているのは感情です。
それが不安を煽り、ACの要素を助長して、顔色を伺って神経質になり、不安で堪らないので相手に気を使う。
それも、どんどん加熱して、気を使いすぎて疲れ果ててしまう。
それだけ気を使われると、相手も疲れますよね。
そしてちょっと敬遠されれば、それを感じ取って更に不安になって、苦しくて、それ以上近くにいることも出来なくなってしまう。
そしてサヨナラをして、独りぼっちに戻っていく。
そんなことの繰り返しでした。

たぶん、僕には僕だけの特別な方法でしか、本当の解決法は無いんでしょう。
取り敢えずは、人との距離など認識できないので、考えないで無視することにしました。
気を使い過ぎて破綻してしまう人間関係の連鎖を止めるために、なるべく気を使わないでいられるような、自然な付き合い、不満な事があれば軽く言い合えるような(今迄、それが出来ずに不満も溜め込み、顔色ばかりを見てきた気がします)、ちょっと無遠慮でもいいから、素直に感情を表現できるような(いつも、感情も押さえ込んでいました)、そんな関係を築けるようにしたいと思うんです。

人との距離感は…、心を見られたくない人は、近寄らないことですね。
近づく時は、覚悟して心をオープンにするしかないですよ。
そう、伝えるしかないですね。

心は止められないけど、私生活には基本的に立ち入りたくありません。
あくまでも、軽く触れながら、しっかりした信頼は築けるとベターですが。
私生活の部分に深く立ち入れば、孤独感、疎外感を感じたり、心の流入に苦しくなったり…、でも、拒絶するつもりも有りません。
そっと、近くにいるだけなら、逆に安心感をもてるでしょう。
自分で輪を作れるような場合は大丈夫なんです。
人の作った輪には入っていけないんです。
そこがジレンマですね。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

関連記事
別窓 | 発達障害 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<絶滅危惧種 | - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) | ひとりのピコ>>

この記事のコメント

前記事にコメントさせていただいたものをそのままこの記事にも同じく、と思いました。
2015-12-02 Wed 14:09 | URL | ぴんく、改めきるみ #qTBoXQ2I [内容変更]
コメントは、どこにあっても見るから大丈夫ですよ。
なんか、…きるみさんって呼んだほうがいいのかな…、あんまり僕と似てるんで怖いくらい。
躊躇してるのも、今、僕が感じてるのときっと一緒ね。

今度の日曜日に、サントミューゼ(通路沿いにあるどれかの部屋だと思うけど行ってみないとわからない)で、版画のワークショップがあるの。
9時から16時半まで。
午後、1時前後に行く予定でいます。 朝からは多分、行かないと思うけど。
(体調が悪くて、行けなかったらごめんね。)

良かったら、覗いてみたら、場所は僕も行ってみないと…、サントミューゼの中のどこか。(信州版画協会とか、書いてあるかも?)
気が向いたら、探しにきてみて…。 無理しないでね。 でも、ちょっと期待はある。

2015-12-04 Fri 14:27 | URL | 風のピコ #- [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。