- 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録)

切り絵、パステル画、詩、書、発達障害(自閉症スペクトラム・ADHDなど)、愛着障害(アダルトチルドレン)、解離に関するもの、その他。 暫くは詩が中心です。

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

稀有なる碧(あお)の共鳴

今日も空は青を宿し、心の碧(あお)と共鳴して、
澄み切った青の彼方まで、
僕の心は気流に乗って虚空を戯れる。

全て予期された航路の上で、
出遭うべく巡り合わせの積み重ね。
その、綱渡りのような危なっかしい足許を渉りながら、
必然的出遭いの繰り返しが、僕を生かし続けている。

奇跡の風が呼び起こした運命の絆に牽かれて、
出遭うべくして出遭った必然の刻。
哀しい定めを共有する無限の苦しみの、
この世界での稀有なる共感者。

編まれた言の葉の響きに陶酔し、
その奥の心に触れて感涙に浸る。
死なない決意と、生きる決意。
生死の狭間の感覚に宿る苦痛の後を見て、
同じ心模様の真の意味に共鳴する。

時空の流砂の気紛れな瞬間を共有し、
心に誓う想いの欠片。
表現者で在り代弁者で在らんと、
満ちる月の雫に届けと、
激しき心の衝動となって叫ぶ。


2015/12/26



にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<雲母(キララ)の欠片 | - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) | 幾人(いくたり)もの心より>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。