- 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録)

切り絵、パステル画、詩、書、発達障害(自閉症スペクトラム・ADHDなど)、愛着障害(アダルトチルドレン)、解離に関するもの、その他。 暫くは詩が中心です。

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

雲母(キララ)の欠片

広大な空を漂う、雲母(キララ)の欠片。
青く熱い恒星の光を反射し、眩く輝く。
その奥深くから、恒星の光をも貫く、
強く透明な光輝を解き放つ。

量子の揺らぎに身を任せ、
雲母(キララ)となった心の欠片。
時間の流れを縦断し、
刻(とき)の揺らぎと為って、
風を巻き起こす。

黎明のカンパネラが、
闇の蠢動を打ち砕き、
雲母(キララ)の覚醒を促す。

未だ、覚め遣らぬ夢を飛び立ち、
奇跡の刻(とき)の移ろいの果て、
真実の姿を見るだろう。


2015/12/27


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<もう、昨日までのボクじゃないんだ | - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) | 稀有なる碧(あお)の共鳴>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。