- 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録)

切り絵、パステル画、詩、書、発達障害(自閉症スペクトラム・ADHDなど)、愛着障害(アダルトチルドレン)、解離に関するもの、その他。 暫くは詩が中心です。

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

もう、昨日までのボクじゃないんだ

ボクはもう、昨日のボクではない。
昨日までの、何も分からず、生(せい)を迷い、
ボク自身の影に怯え、自分を信じる勇気を持てず、
狭間の境界を彷徨うしかなかった、
そんなボクとは違うんだ。

知ってしまった真実から、
もう後戻りは出来ない。
開かれてしまった心の箱を、
今更、閉じることは出来ない。

だから、もう、
昨日までのボクじゃないんだ。
今迄居た、其処には、
もうボクは居ないんだ。

背中の翼に、気付いてしまったんだ。
羽撃いて、大空を自由に舞い狂いたい。
その衝動を抑え切れない。
鋭い氷に、翼を傷つけられようとも、
それでも、構わない。


2015/12/27


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<草原の竜 | - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) | 雲母(キララ)の欠片>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。