- 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録)

切り絵、パステル画、詩、書、発達障害(自閉症スペクトラム・ADHDなど)、愛着障害(アダルトチルドレン)、解離に関するもの、その他。 暫くは詩が中心です。

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

渇き

喉が渇き、ひりつくような感触。
敢えて、渇きを癒すことを欲せず、
心の渇きと結び付け、
その苦痛に浸りきる。

体内から抜けていく、
水の湿りの感触が、
心の渇きを実感させ、
却って、心地好ささえ感じる。

永遠に癒されぬ渇きを、
何処へ行こうとも、決して得られぬ渇きを、
誰の手にも、為す術を持たぬ渇きを、
無駄と知りつつ、それでも、
得られぬ癒しを求め続ける。

哀しい哉。


2015/12/29



にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<想像の内側の殺意 | - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) | 生きようと決めた日>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。