- 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録)

切り絵、パステル画、詩、書、発達障害(自閉症スペクトラム・ADHDなど)、愛着障害(アダルトチルドレン)、解離に関するもの、その他。 暫くは詩が中心です。

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

心の大きさ、空ろな心

心の重さも大きさも測る方法を知りません。
心の重さは、その重圧感で感じることは出来ます。
楽しい時は、心も軽くなりますね。
反対に、悲しみが深くなればなるほど、心も重くなって支えきれなくなります。

心の大きさは如何なんでしょう。
或いは、心の深さですか。
心が広いとか狭いとか、ということは言いますね。
でも、心そのものがそれほど小さいとは思えません。
幾ら研究しても、その全貌が分からないほど深いんじゃないですか。
心の表面だけを見て、そこに写る姿が広いとか狭いとか言っているんでしょうね。

心を失くしたような状態を空ろ、或いは虚ろと表現しますが、はて、心そのものが測りきれないほど広大で深いと仮定すれば、その中は殆ど空ろなのかも知れません。
広大な心の小宇宙に、心の欠片が漂っているのを想像できます。
空ろな空間を、様々な心の欠片が漂っているんです。
其処は空ろであっても、虚ろではありません。
虚ろ(偽物)は、心の表面に現れた影模様の有様でしょうか。

僕のようなモノの、特有の言葉遊びかも知れませんが、心は小宇宙だって考えた方が楽じゃないですか。
いっぱいになってしまったように感じるのは、心の表面だけで、その奥の広大な空間は無限に広がっていて、どんなものも、奥深くまで流してしまえばいいだけなのかも知れないって、そんな風に思うんです。
心の表面が悲しみでいっぱいになったら、涙の海に乗せて、無限大の心の奥深くまで流してしまえばいいんですね、きっと。
不安が膨れ上がって、心の表面がはち切れそうになったら、ふーっと一吹きの風を呼んで、心の奥まで吹き飛ばしてしまえば、其処は空ろな無限空間、幾らでも余力が有るんです。

僕などは、心の表面よりも、もっと深くに居ることが多いので(ASD 特有なところも有るかも知れませんね)、底なしの深みを見る(意識する)ことが有りますが、誰でも同じくらいに広大な空ろ空間を心の中に持っていると思います。
最近、心は無限大の空間なのに、何故、いつもいつも、悲しみや不安で心がいっぱいになって支えきれなくなるんだろうって、そんな疑問が浮かびました。
心が限界を感じるのは、心の表面が限界を感じるだけなんじゃないかって、そんな気がしませんか?
実は、その奥に無限の空きスペースが有ることを知れば、少しだけ心の重さが減りませんか?
その減った分は、空ろの空間に吸い込まれていった筈ですよ。

悲しみも不安も、心の表面から上手く押し流して遣れるようになると…、それが上手く出来ればいいですね。
それ自体が消えて無くなるわけではないけど、その重荷は押し流して軽く出来るかも知れませんよね。
空ろな無限空間が心の奥に実在すると、ただ信じさえすれば…。 ね。

空ろな空間を彷徨うことの多い僕から、奇妙な発想をお届けしました。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

関連記事
別窓 | 発達障害 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<小物たちの紹介 | - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) | 虫の鼓動>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。