- 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録)

切り絵、パステル画、詩、書、発達障害(自閉症スペクトラム・ADHDなど)、愛着障害(アダルトチルドレン)、解離に関するもの、その他。 暫くは詩が中心です。

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

浅間山が噴火したようです

浅間山が噴火したようですね。
ここからは結構離れているので、心配は無いんですが、最近、あちこちで噴火してますね。
ちょっと心配です。

外は雨が降って、雷も鳴っています。
雨の日は憂鬱ですね。

まだ載せていないがあるので、いくつか紹介します。



<メッセージソング>
心から紡ぎ出す一編の
其れは命の表現。
命のメッセージソング。
不安も、悲しみも、苦しみも、
一編のを紡ぎ出すための大切な糧。
だから、敢えて飛び込もう、
不安の海へ。
敢えて流そう、
悲しみの涙を。
敢えて背負おう、
苦しみの傷みを。
其の痛みから生まれてくる、溢れ出る思い。
紡ぎ出されるの世界。

このを欲している君の心にだけ届けばいい。
君だけのメッセージソング。



<昇華>
絶望の峠を越えて、悲しみは昇華し、
希望の花を咲かせます。
悲しみの峰で流した涙も、
苦しみの谷で懐いた傷みも、
大きな希望の花を咲かせるための堆肥に成ります。
大きな花を咲かせるためには、
たくさんの堆肥が必要です。
たくさん悲しんだ分、
たくさん苦しんだ分、
大きな大きな花を咲かせることが出来るんです。
誰も見たことのない、綺麗な花を咲かせましょう。
君だけの、君にしか咲かせない特別な花を咲かせましょう。
たくさん流した涙の分だけ、立派な花を咲かせましょう。



<ピコはピコ>
ピコはね。
とても心がかよわくて、
すぐにこわれてしまうの。
そのたびにいっぱいなみだをながしてね。

ピコはね。
とても心がやさしくて、
ときどき、ピコのことをわすれちゃうの。

ピコはね。
とても心がさみしくて、
ひとりでいることがくるしくなるの。

それでもね。
ピコはピコのままがいいって、
いつもそういってるの。
ピコにはピコじゃないピコはおもいつかないのね。

関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<発達障害であること - <気付きの時> | - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) | そろそろ切り絵を再開したいんですが>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。