- 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録)

切り絵、パステル画、詩、書、発達障害(自閉症スペクトラム・ADHDなど)、愛着障害(アダルトチルドレン)、解離に関するもの、その他。 暫くは詩が中心です。

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

今日は心のリフレッシュ…。

今日は、一寸近くまで…。
自宅を開放して、ピザやロシアンティーやインドネシアのカレーなどを用意して…、サロンって言うんでしょうか。
其処で、切り絵やなどを飾らせてもらって、ご馳走になって、楽しい時間を過ごしてきました。

僕はコミュニケーションが取れないので、一寸不安だったんですが、中国とインドネシアの留学生が来ると聞いて、一寸出掛けてみました。
僕にとっては、日本人だとか外国人だとか、或いは年齢差や社会的権威とか、そういった事での区別というのが全く無いので、日本人で無いということは逆にとても楽なんです。
日本人独特の暗黙の了解や、「言わなくても分かるでしょ」といった部分がとても苦手で(まあ、言ってもらわないと分からないんですが)、いつも何故はっきり言わないんだろうと思ってしまいます。
そういうことを、あまり考えなくていい分だけとても楽なんだと思います。
だから、言葉が通じるかどうかさえ、あまり考慮しないんですが。
心の共感覚で相手の心を感じるので、普通の共感とは違って、影響を受ける部分が少ないんだと思います。

もっとも、今日来てた留学生はとても日本語が堪能で、会話にもなんの問題も無かったですが…。
僕のの心も伝わるみたいで、嬉しくなって一寸はしゃいでしまいました。
翻訳してみてって、頼んでみたんですが、翻訳されたが国を超えて誰かの心に届いて、ほんの一寸でも心が和んだり、孤独感を和らげることが出来れば、ほんとに嬉しいんですが。
トライしてみてって、エールを送りたいです。

まだ、載せていないが溜まっているんで、少しずつ載せていこうと思います。



<心過敏症>
僕はね。
心がね。
ちょっと過敏なんだって。
視覚や、聴覚や、味覚や、臭覚や、触覚と一緒で、心も過敏症なんだって。
だからね。
すぐ悲しくなったり、
すぐ怒ったり、
すぐ嬉しくなったり、
すぐ不安になったりもするんだよね。

心も、光や、音や、他の感覚と一緒で、
人の何十倍も大きくなって感じるから、結構大変なんだよ。
いつも感情がジェットコースター。
逸れも時差付きだからね。
時々ぐたーっと疲れちゃってね。

繊細って言えば聞こえはいいけど、限度があるよね。
生きてるって、それだけですごく疲れるんだよ。
僕にはね。
だから、時々ちょっとやになったってしょうがないよね。
そういう時もあるよ。
生きてりゃいろいろあるんだからさ。



<心の時差ぼけ>
最近ね。
気が付いちゃってさ。
僕の心は時差があったんだよね。
何で今まで気が付かなかったんだろう。

自分の感情がね。
すぐ分からなくってさ。
何日もしてから気が付く事があるんだ。
ほんと。

変でしょ。
これって、時差があったんだね。
どうも、そういうことなんだって。
それで、時差遅れで気が付いた時には、
とんでもなく大きく膨れ上がってて、
もう大変。
混乱しちゃってパニックになってね。
これがすなわち心の時差ぼけ。

面白いでしょ。

関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<今日は短文で御免なさい | - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) | 不安、時々不安>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。