- 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録)

切り絵、パステル画、詩、書、発達障害(自閉症スペクトラム・ADHDなど)、愛着障害(アダルトチルドレン)、解離に関するもの、その他。 暫くは詩が中心です。

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

左手で手習い(ひらがなの練習)を始めました

最近、利き手(右手)の調子が良くなくて、強張った感じが解消されないんですが、腱鞘炎なら少しは良くなってきてもいいのに、返って悪くなっています。
原因ははっきりしません。

まだ、暫くは切り絵を再開できないですね。
残念です。
詩を紡ぎだす時も、必ず手書きで書き留めないと上手くいかないので、左手で文字を書けるようにしてみようと思って、昨日から練習を始めました。

練習を始める前。 いきなり左手で字を書いたら、鏡文字が混じってますね。
CA3C0126.jpg

なぞり書きの練習です。
CA3C0125.jpg

さあ、練習の成果。
CA3C0122.jpg

CA3C0123.jpg

初日はこんなもんでしょう。

関連記事
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<自分探しの旅 | - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) | 今日は短文で御免なさい>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。