- 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録)

切り絵、パステル画、詩、書、発達障害(自閉症スペクトラム・ADHDなど)、愛着障害(アダルトチルドレン)、解離に関するもの、その他。 暫くは詩が中心です。

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

自閉という事

自ら造った暗い部屋に閉じこもって、その暗さに浸りたくなる。
扉を開けて外に一歩踏み出しても、また、部屋の中に戻って扉を閉めてしまいたくなる。
外の世界を追い出してしまいたくなる。
そして、自分だけの世界に戻って、ずっとそこから離れたくなくなる。
外は不安だらけで訳が分からないから。

それとも、閉じ込めてしまいたくなるんでしょうか。
自分自身を。

関連記事
別窓 | 発達障害 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<心の方程式、最近気付いた事です | - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) | 心の面白さと難しさ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。