- 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録)

切り絵、パステル画、詩、書、発達障害(自閉症スペクトラム・ADHDなど)、愛着障害(アダルトチルドレン)、解離に関するもの、その他。 暫くは詩が中心です。

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

昔書いた幻の詩が見つかりました

書いたことすら忘れていた、約15年前に書いた幻のが見つかりました。
自分のながら、当時は何も分からず、くだらないだと思って打ち棄ててあったです。



<月>
こんな 世の中、
ちょっと つらい夜には、
上を向いて、夜道を 歩いてみようよ。

夜空を 見上げて、
星の数を 数えていると、
心の中が、星で いっぱいになるよ。

きらきら、きらきらと、
星の絨毯(じゅうたん)が できるよ。
星の絨毯(じゅうたん)に 乗って、
月見なんかも 洒落(しゃれ)てていいね。

月は、なんでも 教えてくれるよ。
だって、
月が 見えない時には、
いつも、心の中に 月が浮かんでいるもの。

月は、み~んな 知っているのさ。
ずーっと、ずーっと、昔から、
真っ暗な夜道を 照らしていたんだもん。
いつも、
みんなの心を 照らしているのさ。
道に 迷わないようにね。


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<心を開いてごらん | - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) | 自覚すること(気付き)と、自覚を促すこと>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。