- 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録)

切り絵、パステル画、詩、書、発達障害(自閉症スペクトラム・ADHDなど)、愛着障害(アダルトチルドレン)、解離に関するもの、その他。 暫くは詩が中心です。

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

渦巻く情動と詩と

心の中で湧き上がり渦巻く情動。
悲しみ、怒り、苦しみ。
自らの心を焼き尽くしてしまいかねない、
負の情動。
心の中を駆け巡り、
いつまでも燻り続ける。

ざわざわ、ちくちく、ぎりぎり。
耳障りな音を立てて、
心を苛み続ける。
そんな負の情動は、
心の中から追い出してしまえばいい。

外へ飛び出した負の情動は、
という形となって新たな命を得る。
外に出してやらなければ、
負の情動は行き場を失って、
亡霊のように永遠に彷徨い続ける。

だから、の姿を与えて、
心の外に送り出してやろう。
死の亡霊のように彷徨う負の情動も、
という新たな姿を掴み取って昇華し、
生を得て開かれた世界へ旅立っていく。

へと変わりゆく道筋で、
負の情動に何かが付加される。
その何かがエネルギーとなって、
に命を与える。


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<柵や思惑 | - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) | 障害があっても生きてるよ!>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。