- 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録)

切り絵、パステル画、詩、書、発達障害(自閉症スペクトラム・ADHDなど)、愛着障害(アダルトチルドレン)、解離に関するもの、その他。 暫くは詩が中心です。

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

よく見える感覚

いつも、ちょっと ピリッとした、
研ぎ澄まされた 感覚が好き。
いろんなことが よく見える時の、
磨き上げたガラス窓のような 感覚が好き。
何かを じっと見ていると、
いろんなことが 澄んで、冴え渡ってくる。

この感覚を邪魔する ボーっとする感じが嫌い。
お酒を飲むと ボーっとするから嫌い。
煩い音も、ボーっとして 感覚が引きちぎられる。
引きちぎられるから、
繋がらなくなって ボーっとする。
冷房も嫌い。
冷房を切った時の、
いきなり ボーっとなる感じが嫌い。

知らない所から 声だけが聞こえてくる。
受話器を通して 異質な声が響いてくる。
そこには 感覚が見えない。
ボーっとした 感覚すら感じない。
だから、恐い。

研ぎ澄まされた、よく見える 感覚の、
曇りのない世界に 留まりたい。
ボーっとする世界へ 放り出されるのは、
自分が 無くなったようで、とても 恐い。



にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

関連記事
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<勇気の翼を下さい! | - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) | 生きていけるのかな?>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。