- 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録)

切り絵、パステル画、詩、書、発達障害(自閉症スペクトラム・ADHDなど)、愛着障害(アダルトチルドレン)、解離に関するもの、その他。 暫くは詩が中心です。

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ACと双極性と統合されない自我

最近、自分の中の全てがバラバラで、纏めて置く事がちょっと難しいようです。
このブログも、ちょっと不定期になってしまって…。

心って壊れるんですね。
壊れて、割れてしまった心の器から流れ出した心は、一体何処へ流れていってしまうんでしょうか?
全部流れ出てしまったら、心は空っぽになるのかな?

自分の中で、複数の人格が、その結び付きを絶って、次第に遠ざかっていっているようです。
膨張する宇宙ですね。
突然出現する、緘黙的な人格。
ストレスが作り出したのか、この新たな人格は、表出したら、もう制御不能です。

ACという要素が、とても強いらしく、ACの特徴的なものと言ってもいい位の、「共依存」 。
ACだと、「共依存」 に成り易いと言った方が間違いはないのでしょうが…。
自分の思考や、思い描いた生き方自体が、この 「共依存」 に深く影響されていて、「共依存」 が思い描いた生き方を、そうと知らずに追い求めていたようです。
その事に気付いたことで、形作られようとしていた、新たな自分の容(かたち)・人生への展望が崩壊して粉々になり、飛び散った後には何もない、空っぽな自分の殻が残されただけ…。
蝉の抜け殻のように…。

抜け殻になった、空洞の中からは、以前のような詩も湧き出しては来ないようです。
空っぽになった器に寄生して、主役の座を奪おうと、雑多な人格が蠢いているようで、不快なざわざわという音が聞こえてきそうです。

双極性の波は、激しく揺れ動き、ジェットコースターのように激しさを増しています。
解離していく自我と、幻覚。
解離性の障害か、統合失調症か、…、たぶん、統合失調症の併発なんでしょうね。

アスペルガーとAC は、とても似通っています。
AC というのは、ちょっと厄介な所があって、本来の姿を見えなくしてしまいます。
廻りに合わせて、本来の姿とは違う仮装の鎧を着てしまうようです。
自分自身もその擬態に騙されて、どれが自分なのか分からなくなっているようです。

振りをする所や、自虐的な所があって、ほんとの自分の心を、余計分からなくさせたり、症状の悪化を後押ししてしまったりします。
何より、自分という存在を信じられなくなっています。
自己否定と、メッセージを失った空っぽな自我と、この不安定で統合性を欠いてしまった所からは、詩という容に落とし込む重要な要素が足りないようです。

それでも、時々は何か書けると思いますが、以前とは違ったものになってしまうようです。


先月から、検査を始めて、最初が発達障害の検査、2回目が成人知能検査(WAIS-R)、先日がロールシャッハテストでした。
検査の間は興味津々で、結構楽しんでましたが…。
検査結果を聞くことで、少し落ち着くといいのですが…。

ロールシャッハのイメージは、後で思い出すと全く変質してしまったり、その時の精神状態でそんなに変わるものなのかどうか?
検査の時には、振りをする仮装の人格が強く影響していたのか、思ったことと、少し違うことを答えていたようです。
こういう事も、後になってから気付いて、自分に騙されていたことに落胆します。


先程の話に戻りますが、アスペルガーとAC が似通っているように、双極性障害と統合失調症も似ている所があるようです。
そもそも、これらの全てが、根を一つに持つ巨大樹の一側面を見ているに過ぎないような気がします。
人それぞれ個性があるように、症状の現れ方にも個性があって、どんな要素が強く出ているかの違いが、見え方を左右しているんじゃないでしょうか?

遺伝子に刻み込まれた情報から、こういった障害が起こって来るという説もありますが、もっと、相互に作用しあったものかも知れません。
遺伝子自体が、生命の設計図であると同時に、生命の記録簿でもあるんじゃないか、そんなふうにも思います。

今は、発達障害なのかどうかとか、そういった事をあまり気にしなくなりました。
問題なのは、どんな症状があって、その症状からどんな影響を受けていて、どう生き辛さを感じているかという、主観の問題だと思います。
その感じている生き辛さに対して、如何するか…、そういう事かなと思いますが、如何するかが分からないから希望を持てないし、見えない不安から逃げたくなるんじゃないでしょうか?

そして、時々消えてしまいたくなる。


今日はこの辺で。
壊れた心より。

関連記事
別窓 | 発達障害 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<イルカの共感覚? 動物と繋がる動物的感覚 | - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) | 長い長い夏休み>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| - 『ピコの心』 -                (凸凹作家ピコの屈折した記録) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。